2015年12月17日

胸焼けの原因について!




食べ過ぎたり、飲みすぎたりした時に、誰もが胸焼けを経験した事があるはずです。

胸焼けは、何故起こるのでしょうか。

原因は様々であるはずです。

まず、一つ目の原因として、肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)があげられるでしょう。

肥満になっていると、腹部の脂肪により、胃が圧迫され、胃液が増加したり、胃酸が逆流しやすくなったりします。

その結果、胸焼けを起こしやすくなると思います。

二つ目は、刺激物の摂取です。

刺激物と言っても色々ありますが、その代表として、煙草、アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)、コーヒー、チョコレートが挙げられます。

アルコールやコーヒーには、胃酸分泌を促進させる作用があります。

その為に、胃の中に入っている内容物が逆流しやすくなるのです。

これが、胸焼けの原因となります。

他にも、胸(昔から心はここにあると考えられてきました)焼けを起こす原因は沢山あるはずです。

暴飲暴食をすれば、もちろん胃に負担がかかりますし、消化がよくない物を摂取すれば、これもまた胃に負担を掛ける事になります。

胸焼けを起こす原因は、胃が圧迫されたり、胃液が逆流したりと、胃と関連深い事が窺えます。

それに、妊娠やストレスからも、胸焼けは起こるようですね。

他にも、先天性な体質の方もいます。

先天性な体質の方は、胃の一部が横隔膜よりも上に大きいので、胃酸が逆流しやすく、胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)焼けも起こしやすくなります。

このように、胸焼けの原因としては色々あります。

先天性な場合や、妊娠、病気等で胸焼けを起こす分には防ぎようがありません。

しかし、その他の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)の場合は、暴飲暴食をしない、刺激物を摂らない等して予防が出来るので、胸焼けを起こしたくない方は、気をつけられるといいですね。





【関連する記事】
posted by 胸焼けの原因 at 16:24| 胸焼け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

胃もたれがおきる原因は何?

脂みたいな中華料理や揚げ物の料理を食べた後は、胃がもたれた感じがしますよね。

脂肪の多い食べ物は、どうしても消化されるまでにより時間が必要となり、胃もたれを感じ易くなってしまうからです。

胃もたれに不安がある場合には、脂肪の多い食事は避けて、茹でた料理や煮た料理を選んで食事するようにしましょう。

また、不規則な食事や、大食い、早食い等も胃もたれの要因となるのです。

不規則な食事や大食いばかりしていると、胃に大きな負担を掛けてしまいます。

それに、食べ物をよく噛まずに飲み込むような早食いをしていたら、空気も一緒に飲み込む事が多くなり、胃が膨らんで苦しくなり易くなってしまうのです。

思い当たるふしのある方は、消化を助ける為にも良く噛んで食べるように心がけてくださいね。

また、口から入った食べ物と胃酸を混ぜ合わせて十二指腸へと送る動きが「蠕動(ぜんどう)運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)」ですが、この働きが低下しても胃もたれを起こします。

それは、消化が上手く行われず、胃の中にいつまでも食べ物が残ってしまうからです。

食べ過ぎや飲み過ぎと言った食事に関係する事以外でも、煙草の吸い過ぎや風邪薬の副作用などによっても、胃の蠕動運動が鈍くなってしまうこともあるそうですので、注意してください。

それから、意外と思われるかもしれませんが、年齢も関係してきます。

年齢を重ねる毎に消化する力も低下していきますし、蠕動運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)を行う能力が衰えてくる事が判明しています。




posted by 胸焼けの原因 at 15:03| 胃もたれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胸焼けの対処法について!

胸焼けを起こさないようにするには、どうしたらいいのでしょう。

一番いいのは、昔の日本人の生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を真似する事です。

昔の日本人(出身県によって様々な個性があるものです)は、電気がない時代でしたので、夜は早くに寝て、朝は早く起きる生活をしていました。

食事も、現代の食事とは違って、添加物が入っている食事もないし、もちろん、脂っこい食事もなかったので、いまよりもはるかに消化のいい食事を摂っていました。

しかし、今の日本方には、昔の日本人の生活を真似すると言っても、なかなか難しいものです。

なので、最初の段階のうちは、早寝早起きをし、夜更かしをしない。

なるべく脂っこい食事を避けて、炭水化物や良質なタンパク質を摂る等するといいですね。

良質なたんぱく質には、白身魚、豆腐、卵等があります。

また、にんにくや香辛料等の刺激物や、チョコレート、カフェインは、胃酸の分泌を促す為、胸焼けを起こしやすくなります。

これらの食品は、出来るだけ摂らない様にしましょう。

胸焼けは、胃と関連するので、コルセット等で、胃を圧迫すると胸やけが発生してしまいやすくなります。

また、前かがみになる事も胃を圧迫するため、胸(昔から心はここにあると考えられてきました)焼けが起こります。

なので、胸(昔から心はここにあると考えられてきました)焼けを起さないようにするには、身につける物や、姿勢にも注意してください。

もし、胸焼けが起こってしまった時は、市販の胃薬を使うと良いですね。

上半身を少し高くして寝るのもお勧めです。

上半身を高くして寝れば、重力に逆らうので、胃の内容物が逆流してくるのを防げます。

上半身を高くするには、ふとんの下に座布団や、毛布等をはさんで入れるといいですよ。




posted by 胸焼けの原因 at 15:03| 胸焼け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。