2012年09月26日

胸焼けの対処法について!

胸焼けを起こさないようにするには、どうしたらいいのでしょう。

一番いいのは、昔の日本人の生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を真似する事です。

昔の日本人(出身県によって様々な個性があるものです)は、電気がない時代でしたので、夜は早くに寝て、朝は早く起きる生活をしていました。

食事も、現代の食事とは違って、添加物が入っている食事もないし、もちろん、脂っこい食事もなかったので、いまよりもはるかに消化のいい食事を摂っていました。

しかし、今の日本方には、昔の日本人の生活を真似すると言っても、なかなか難しいものです。

なので、最初の段階のうちは、早寝早起きをし、夜更かしをしない。

なるべく脂っこい食事を避けて、炭水化物や良質なタンパク質を摂る等するといいですね。

良質なたんぱく質には、白身魚、豆腐、卵等があります。

また、にんにくや香辛料等の刺激物や、チョコレート、カフェインは、胃酸の分泌を促す為、胸焼けを起こしやすくなります。

これらの食品は、出来るだけ摂らない様にしましょう。

胸焼けは、胃と関連するので、コルセット等で、胃を圧迫すると胸やけが発生してしまいやすくなります。

また、前かがみになる事も胃を圧迫するため、胸(昔から心はここにあると考えられてきました)焼けが起こります。

なので、胸(昔から心はここにあると考えられてきました)焼けを起さないようにするには、身につける物や、姿勢にも注意してください。

もし、胸焼けが起こってしまった時は、市販の胃薬を使うと良いですね。

上半身を少し高くして寝るのもお勧めです。

上半身を高くして寝れば、重力に逆らうので、胃の内容物が逆流してくるのを防げます。

上半身を高くするには、ふとんの下に座布団や、毛布等をはさんで入れるといいですよ。




【関連する記事】
posted by 胸焼けの原因 at 15:03| 胸焼け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。