2012年09月26日

胃もたれがおきる原因は何?

脂みたいな中華料理や揚げ物の料理を食べた後は、胃がもたれた感じがしますよね。

脂肪の多い食べ物は、どうしても消化されるまでにより時間が必要となり、胃もたれを感じ易くなってしまうからです。

胃もたれに不安がある場合には、脂肪の多い食事は避けて、茹でた料理や煮た料理を選んで食事するようにしましょう。

また、不規則な食事や、大食い、早食い等も胃もたれの要因となるのです。

不規則な食事や大食いばかりしていると、胃に大きな負担を掛けてしまいます。

それに、食べ物をよく噛まずに飲み込むような早食いをしていたら、空気も一緒に飲み込む事が多くなり、胃が膨らんで苦しくなり易くなってしまうのです。

思い当たるふしのある方は、消化を助ける為にも良く噛んで食べるように心がけてくださいね。

また、口から入った食べ物と胃酸を混ぜ合わせて十二指腸へと送る動きが「蠕動(ぜんどう)運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)」ですが、この働きが低下しても胃もたれを起こします。

それは、消化が上手く行われず、胃の中にいつまでも食べ物が残ってしまうからです。

食べ過ぎや飲み過ぎと言った食事に関係する事以外でも、煙草の吸い過ぎや風邪薬の副作用などによっても、胃の蠕動運動が鈍くなってしまうこともあるそうですので、注意してください。

それから、意外と思われるかもしれませんが、年齢も関係してきます。

年齢を重ねる毎に消化する力も低下していきますし、蠕動運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)を行う能力が衰えてくる事が判明しています。




posted by 胸焼けの原因 at 15:03| 胃もたれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。