2015年12月17日

胸焼けの原因について!




食べ過ぎたり、飲みすぎたりした時に、誰もが胸焼けを経験した事があるはずです。

胸焼けは、何故起こるのでしょうか。

原因は様々であるはずです。

まず、一つ目の原因として、肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)があげられるでしょう。

肥満になっていると、腹部の脂肪により、胃が圧迫され、胃液が増加したり、胃酸が逆流しやすくなったりします。

その結果、胸焼けを起こしやすくなると思います。

二つ目は、刺激物の摂取です。

刺激物と言っても色々ありますが、その代表として、煙草、アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)、コーヒー、チョコレートが挙げられます。

アルコールやコーヒーには、胃酸分泌を促進させる作用があります。

その為に、胃の中に入っている内容物が逆流しやすくなるのです。

これが、胸焼けの原因となります。

他にも、胸(昔から心はここにあると考えられてきました)焼けを起こす原因は沢山あるはずです。

暴飲暴食をすれば、もちろん胃に負担がかかりますし、消化がよくない物を摂取すれば、これもまた胃に負担を掛ける事になります。

胸焼けを起こす原因は、胃が圧迫されたり、胃液が逆流したりと、胃と関連深い事が窺えます。

それに、妊娠やストレスからも、胸焼けは起こるようですね。

他にも、先天性な体質の方もいます。

先天性な体質の方は、胃の一部が横隔膜よりも上に大きいので、胃酸が逆流しやすく、胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)焼けも起こしやすくなります。

このように、胸焼けの原因としては色々あります。

先天性な場合や、妊娠、病気等で胸焼けを起こす分には防ぎようがありません。

しかし、その他の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)の場合は、暴飲暴食をしない、刺激物を摂らない等して予防が出来るので、胸焼けを起こしたくない方は、気をつけられるといいですね。





【関連する記事】
posted by 胸焼けの原因 at 16:24| 胸焼け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。