2012年09月26日

胃もたれがおきる原因は何?

脂みたいな中華料理や揚げ物の料理を食べた後は、胃がもたれた感じがしますよね。

脂肪の多い食べ物は、どうしても消化されるまでにより時間が必要となり、胃もたれを感じ易くなってしまうからです。

胃もたれに不安がある場合には、脂肪の多い食事は避けて、茹でた料理や煮た料理を選んで食事するようにしましょう。

また、不規則な食事や、大食い、早食い等も胃もたれの要因となるのです。

不規則な食事や大食いばかりしていると、胃に大きな負担を掛けてしまいます。

それに、食べ物をよく噛まずに飲み込むような早食いをしていたら、空気も一緒に飲み込む事が多くなり、胃が膨らんで苦しくなり易くなってしまうのです。

思い当たるふしのある方は、消化を助ける為にも良く噛んで食べるように心がけてくださいね。

また、口から入った食べ物と胃酸を混ぜ合わせて十二指腸へと送る動きが「蠕動(ぜんどう)運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)」ですが、この働きが低下しても胃もたれを起こします。

それは、消化が上手く行われず、胃の中にいつまでも食べ物が残ってしまうからです。

食べ過ぎや飲み過ぎと言った食事に関係する事以外でも、煙草の吸い過ぎや風邪薬の副作用などによっても、胃の蠕動運動が鈍くなってしまうこともあるそうですので、注意してください。

それから、意外と思われるかもしれませんが、年齢も関係してきます。

年齢を重ねる毎に消化する力も低下していきますし、蠕動運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)を行う能力が衰えてくる事が判明しています。




posted by 胸焼けの原因 at 15:03| 胃もたれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひどい胃もたれから考えられる病気は?

胃もたれは、食べ過ぎや飲み過ぎをした場合には良くある症状ですね。

けれど、そんな食べる量や飲む量が多過ぎた翌日だけではなく、頻繁に胃もたれしてしまうような場合には、もしかしたら病気が潜んでいる場合もあります。

通常、食後に胃もたれが起きるような場合には、食べ過ぎや飲み過ぎが原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)の事が多く、吐き気や嘔吐、下痢を伴うような場合もあります。

このような胃もたれは、普段の生活習慣を見直す事で解消されるケースがほとんどでしょう。

ただ、胃もたれや胸のむかつき、膨満感と言った不快感が長く続くような場合は、注意が必要です。

胃の調子が悪い場合に最も考えられる病気は胃炎で、胃粘膜がただれたり、むくんでいたりする場合があります。

慢性胃炎では、軽い胃痛や胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)焼けを伴うこともありますから、ご自身の症状と照らしあわせてみて下さい。

怖いのが、胃や十二指腸等の潰瘍といった可能性です。

また、早期の胃ガンでもこのような症状がみられる事がありますので、胃もたれが長く続くようであれば、専門の医療機関を受診する事をお勧めします。

胃もたれや食欲不振、吐き気等の症状は、どうしても胃の病気だと考えがちになってしまいますね。

けれど、脂の多い食事を摂ると常に胃もたれすると言った方は、胆石の可能性もありますし、胃の不快感は肝臓の病気が要因となっている可能性もあります。

なかなか改善しない胃もたれの場合は、なんらかの病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)かもしれませんね。




posted by 胸焼けの原因 at 15:03| 胃もたれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。